2009年12月07日

新しく犬・猫を迎えるとき③一般家庭から




一般家庭で産まれた子を迎える場合は、とても多くのケースがあります
ヘタなブリーダーよりも遥かに考えた繁殖をしている場合もありますし、全く何も考えずに、ペットショップでお婿さんを決めて産ませた場合や、知らない間に産まれてしまった場合もあると思います

まずは、そのお母さんを見せてもらってください
そして、お母さんに何か疾患がないか、性格はどうかなど、できる限りお母さんの情報をもらってください

何か疾患がある場合は、遺伝子として受け継がれる可能性もありますので、そのことも全て受け入れた上で、新しい家族として迎えてください

プロではないのですから、何年かしてから、「遺伝性の病気が出た!」とクレームを言うのではなく、「将来、何かの病気になるかもしれない」という気持ちで、また、それもその子の一部として、受け入れるつもりでいてください

少なくとも、ペットショップで買うよりはお母さんの愛情や兄弟同士の関わり、また人間とも温かみのある接し方をしている分、愛情に飢えていることが少なく扱いやすい子にはなると思います



                                        店長



新しい飼い主さん募集!




  犬・猫の、病気・しつけ・フード・手作り食など、どのようなことでも遠慮なくご相談ください。

  メール mail@hac-wakayama.com
  ホームページ http://www.hac-wakayama.com
同じカテゴリー(ペット業界)の記事画像
アニマルコミュニケーション
ドイツの仔犬販売
動物愛護法改正パブリックコメント
動物愛護管理法の改正
動物の供養
ペットフード安全法
同じカテゴリー(ペット業界)の記事
 アニマルコミュニケーション (2012-12-05 10:00)
 ドイツの仔犬販売 (2012-03-18 10:00)
 動物愛護法改正パブリックコメント (2011-10-11 10:00)
 動物愛護管理法の改正 (2011-03-06 10:03)
 真冬のフィラリア予防 (2011-02-08 10:03)
 動物の供養 (2010-12-19 20:10)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。