2010年12月19日

動物の供養

少し前に、動物の葬儀屋が、預かった遺体を捨てていたことが事件になっていましたが、元々、ペットの葬儀屋って、ややこしいところも少なくないんです。
もちろん、ちゃんとしているところはあると思いますが、それでも、葬儀屋の良し悪しって何なんでしょうか?

以前に『ひとりごと』にもペットの供養について書いています


『動物の供養』


ずっと一緒に暮らしていた子にしてあげられる最後のことが供養だと思います

それでも、難しく考えずに、飼い主さんが気持ちを伝えてあげればそれが一番だと思います





                                           店長




  犬・猫の、病気・しつけ・フード・手作り食など、どのようなことでも遠慮なくご相談ください。

  メール mail@hac-wakayama.com
  ホームページ http://www.hac-wakayama.com
同じカテゴリー(ペット業界)の記事画像
アニマルコミュニケーション
ドイツの仔犬販売
動物愛護法改正パブリックコメント
動物愛護管理法の改正
ペットフード安全法
仔犬の食事
同じカテゴリー(ペット業界)の記事
 アニマルコミュニケーション (2012-12-05 10:00)
 ドイツの仔犬販売 (2012-03-18 10:00)
 動物愛護法改正パブリックコメント (2011-10-11 10:00)
 動物愛護管理法の改正 (2011-03-06 10:03)
 真冬のフィラリア予防 (2011-02-08 10:03)
 ペットフード安全法 (2010-09-23 12:21)

この記事へのコメント
私はミリーとマールにその時が来たら何かセレモニーをする事は考えて無いですが、悲しまないで「楽しかったよ 有難う」と云える事が供養だと思います。
日々を共に楽しく過ごす為に我が家に来て貰ったのですから一日でも長く健康に過ごせるようにしたいですねぇ
Posted by ミリーの おとも at 2010年12月20日 00:50
ミリーのおともさん

正にそのとおりだと思います
そのときまで、健康に元気に過ごしてほしいですね

当ショップで、少しでもそのお手伝いが出来れば最高です(^^♪
Posted by HACHAC at 2010年12月20日 15:48
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。