2011年02月08日

真冬のフィラリア予防

とある獣医さんでは、フィラリアの薬を1年中飲ませるように指示しています

最近は温暖化で真冬でも蚊に刺される可能性があるということらしいです


製薬会社の指示なのかどうなのかは分かりませんが、フィラリア予防薬自体、犬には大きな負担になっています

フィラリア予防薬の危険性と、真冬に、しかもフィラリアに感染した犬を刺した後2週間経った蚊に刺される可能性とを考えると・・・


真冬にフィラリア予防薬を与えてもワンちゃんには一切メリットはありません

メリットのあるのは誰なんでしょうか


もし、獣医さんに1年を通してフィラリア予防薬を飲ませるようにいわれた場合は、よく考えてください




                             店長




  犬・猫の、病気・しつけ・フード・手作り食など、どのようなことでも遠慮なくご相談ください。

  メール mail@hac-wakayama.com
  ホームページ http://www.hac-wakayama.com
同じカテゴリー(ペット業界)の記事画像
アニマルコミュニケーション
ドイツの仔犬販売
動物愛護法改正パブリックコメント
動物愛護管理法の改正
動物の供養
ペットフード安全法
同じカテゴリー(ペット業界)の記事
 アニマルコミュニケーション (2012-12-05 10:00)
 ドイツの仔犬販売 (2012-03-18 10:00)
 動物愛護法改正パブリックコメント (2011-10-11 10:00)
 動物愛護管理法の改正 (2011-03-06 10:03)
 動物の供養 (2010-12-19 20:10)
 ペットフード安全法 (2010-09-23 12:21)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。